マンションのリロケーションとは

マンションや一戸建て住宅の購入は普通の人にとって、人生で最も高い買い物と表現されることがあります。不動産を所有していることは、それだけ資産を持っているということを意味するため、社会的な信用度からしてみても有意義なものとなりますが、この所有している資産は、運用をすることによって更に利益をもたらすことになります。

マンションのリロケーションとは、不在中の自宅を管理するためのサービスです。一般的には賃貸住宅として他の人へと貸し出すことがリロケーションと呼ばれていますが、本来の語彙としては、不在になった自宅の維持管理ということになります。さて、このリロケーション、ここで取り上げている「不在中」とはどのようなケースを指すのかというと、海外転勤や地方への転勤によって自宅を長期間にわたって空けているケースになります。

自分が住んでいるわけでもないのに、マンションや戸建て住宅といった資産は放置したまま、この状態を良しと見るかどうかは人によって異なりますが、せっかくならば収益化を目指すのも良いのではないでしょうか。つまり、空けてしまったお部屋を他人に貸し出すことによって家賃収入を得る、これがリロケーションの基本的な考え方となります。例えば転勤によって1年自宅を出ることになるならば、リロケーションによって12カ月分の家賃収入が得られる計算になるわけで、リロケーションをしなければむしろ機会費用が発生すると言っても過言ではありません。