日別: 2017年2月6日

リロケーションのメリット

リロケーションを行う最大のメリットは、収益化することによって定期的な収入を得られるという点にあります。家賃を5万円として12カ月貸し出したとした場合には、合計で60万円の収益が見込めるわけで、何も使用しない転勤などの事情がある方にとっては非常に効率の良い資産運用となります。

もしも住宅ローンを支払っている最中であったとしても、リロケーションを行って資産運用することによって、ローンの支払いと収入を相殺することも可能です。ローンを支払った上で転勤先での生活費についても工面しなければならないとなると大きな負担になってしまいますが、リロケーションをすることによって、この負担を軽減させることも可能なのです。

この他のメリットとしては、自宅の管理を入居者に任せることによって、住宅木材の傷み軽減させることが可能な点が挙げられます。特に木造の住宅やお部屋に木材が使用されている住宅の場合には、湿気によって傷んでしまう可能性がありますが、人が住むことによって、その辺りもしっかりと管理してもらえるため、損傷を最小限に抑えることが可能となります。このように、リロケーションにはコスト面におけるメリットと、管理面におけるメリットがあるため、転勤によって自宅を空ける人にとっては非常に有効な資産運用と言えます。