何から始めれば良い?

リロケーションによってマンションの収益化をする方法は、大きく分けて3種類になります。まず1つ目は自分で入居者を探して、賃貸契約を結ぶ方法ですが、こちらの方法は法律的にも何かと問題が発生してしまいがちで、トラブルのリスクが高くなりますので、活用する方は少ないのが現実です。次に2つ目は、最もメジャーなリロケーションの方法、不動産会社やリロケーション業者と契約を結んで、リロケーションの代行をしてもらうという方法です。この方法では、入居者を探すところから契約、入居など、手間がかかることを全て代行してくれることになりますので、かなり楽な運用方法と言えます。

最後に3つ目は同じ不動産会社やリロケーション業者に依頼するという方法ですが、入居者を探すのではなく、あらかじめ会社がお部屋を借り上げるという方法になります。この方法では、入居者が現れなかったために収益が発生しなかったというリスクが少なくなりますが、その分手数料を多めに取られてしまうことになり、収益の金額が少なくなるというデメリットがあります。

しかしながら確実に収益化することが可能で、低リスク体リターンな方法と言えるでしょう。リロケーションの王道は、不動産会社かリロケーション業者に依頼を出すという方法ですので、まずはリロケーション一括見積りサイトなどを利用して不動産会社を決めると良いでしょう。