カテゴリー: 未分類

何から始めれば良い?

リロケーションによってマンションの収益化をする方法は、大きく分けて3種類になります。まず1つ目は自分で入居者を探して、賃貸契約を結ぶ方法ですが、こちらの方法は法律的にも何かと問題が発生してしまいがちで、トラブルのリスクが高くなりますので、活用する方は少ないのが現実です。次に2つ目は、最もメジャーなリロケーションの方法、不動産会社やリロケーション業者と契約を結んで、リロケーションの代行をしてもらうという方法です。この方法では、入居者を探すところから契約、入居など、手間がかかることを全て代行してくれることになりますので、かなり楽な運用方法と言えます。

最後に3つ目は同じ不動産会社やリロケーション業者に依頼するという方法ですが、入居者を探すのではなく、あらかじめ会社がお部屋を借り上げるという方法になります。この方法では、入居者が現れなかったために収益が発生しなかったというリスクが少なくなりますが、その分手数料を多めに取られてしまうことになり、収益の金額が少なくなるというデメリットがあります。

しかしながら確実に収益化することが可能で、低リスク体リターンな方法と言えるでしょう。リロケーションの王道は、不動産会社かリロケーション業者に依頼を出すという方法ですので、まずはリロケーション一括見積りサイトなどを利用して不動産会社を決めると良いでしょう。

リロケーションのメリット

リロケーションを行う最大のメリットは、収益化することによって定期的な収入を得られるという点にあります。家賃を5万円として12カ月貸し出したとした場合には、合計で60万円の収益が見込めるわけで、何も使用しない転勤などの事情がある方にとっては非常に効率の良い資産運用となります。

もしも住宅ローンを支払っている最中であったとしても、リロケーションを行って資産運用することによって、ローンの支払いと収入を相殺することも可能です。ローンを支払った上で転勤先での生活費についても工面しなければならないとなると大きな負担になってしまいますが、リロケーションをすることによって、この負担を軽減させることも可能なのです。

この他のメリットとしては、自宅の管理を入居者に任せることによって、住宅木材の傷み軽減させることが可能な点が挙げられます。特に木造の住宅やお部屋に木材が使用されている住宅の場合には、湿気によって傷んでしまう可能性がありますが、人が住むことによって、その辺りもしっかりと管理してもらえるため、損傷を最小限に抑えることが可能となります。このように、リロケーションにはコスト面におけるメリットと、管理面におけるメリットがあるため、転勤によって自宅を空ける人にとっては非常に有効な資産運用と言えます。

マンションのリロケーションとは

マンションや一戸建て住宅の購入は普通の人にとって、人生で最も高い買い物と表現されることがあります。不動産を所有していることは、それだけ資産を持っているということを意味するため、社会的な信用度からしてみても有意義なものとなりますが、この所有している資産は、運用をすることによって更に利益をもたらすことになります。

マンションのリロケーションとは、不在中の自宅を管理するためのサービスです。一般的には賃貸住宅として他の人へと貸し出すことがリロケーションと呼ばれていますが、本来の語彙としては、不在になった自宅の維持管理ということになります。さて、このリロケーション、ここで取り上げている「不在中」とはどのようなケースを指すのかというと、海外転勤や地方への転勤によって自宅を長期間にわたって空けているケースになります。

自分が住んでいるわけでもないのに、マンションや戸建て住宅といった資産は放置したまま、この状態を良しと見るかどうかは人によって異なりますが、せっかくならば収益化を目指すのも良いのではないでしょうか。つまり、空けてしまったお部屋を他人に貸し出すことによって家賃収入を得る、これがリロケーションの基本的な考え方となります。例えば転勤によって1年自宅を出ることになるならば、リロケーションによって12カ月分の家賃収入が得られる計算になるわけで、リロケーションをしなければむしろ機会費用が発生すると言っても過言ではありません。